薪ストーブ屋の活動記録


by country-log
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

森林ボランティア


水戸市にある県の市町村会館で

森林ボランティア活動の大会があり

参加してきました
c0237313_1482628.jpg

会場はまぁー立派な建物でした 
c0237313_1485463.jpg


県内で活動するボランティア団体の中

今年は12団体が発表をしました。

我が 里山ルネッサンス桜川も

今年は発表を勧められ 

プロジェクタを使い 活動状況 

今後の課題 展望等をプレゼンしました

私のプレゼンのポイントは

とにかく使われる山林・里山でなければ

サイクルはしない きれいにはならない

そのためには今までの

建築用材・パルプ材・チップ等への用途だけでなく

薪ストーブ・ペレットストーブ等への

利用を促進させ、活用をしなければ・・と

山形県での補助金の例を引き合いに

ビジネスPRまでしてきちゃいました。
# by country-log | 2015-10-30 14:12 | その他

餅は餅屋


35年くらい前から営業のゴルフ練習場

かなり広めの練習場だったが

今度、その敷地と周りの山林を合わせ

メガソーラーへと変わろうとしている。
c0237313_52723.jpg

原発事故のあと急速に進んだ

ソーラー発電 だが

伐採された原木はいかが?と 

ソーラー事業者から連絡が入り

引き受けることにしたのだが

広葉樹は全体の8割 残りが杉、檜で

どうしようかな・・? 
c0237313_5282197.jpg

針葉樹は残置かな・・・と

思案していたら 

(広葉樹はこちらは運ばない ・・)

パルプにするから杉、檜だけという

大型トラックがやって来て

棲み分けだな なんて思いながら

あちらの積み込み作業を見たが
c0237313_528555.jpg

 早い!

2時間くらいで満載にしてしまう

餅は餅屋だなと再認識した
# by country-log | 2015-10-17 05:40 | その他

常磐道


往路は常磐道を 復路は東北道で

仙台まで往復でしたが 原発事故後に

想定外の速さで全線開通させた

常磐道を走り 福島原発にだんだんと

近づいて行くと 否が応にも 

あの地震と放射能汚染について

考えさせられました。



通過地点の汚染具合を示す

電光掲示板には μシーベルトの文字が・・
c0237313_15415534.jpg

普通であれば収穫前の稲穂が

黄金色に輝く光景を見せてくれる筈の

水田地帯は まるで耕作放棄地の有り様で
c0237313_1505458.jpg

地震で損壊となった屋根瓦がそのままの

住宅が延々と 散見されるし 又

除染された物質を保管している

シートで覆われたハウスの連棟や
c0237313_15331195.jpg

塊が至るところで集積されてて

常磐道のあちこちに置かれていた。
c0237313_15333967.jpg



福島の復興なくして ・・・・というが

福島の復興は何をもって復興というのか?

避難している人々の復興なくして 

それはないだろうから 

どのような状況になれば 

復興と言えるのか・・・ 

元の状態になることなのか?

そうであるなら それは 

いつ頃までに 可能なのか?

それが近い将来には到底無理であるなら

それに変わりうるものと 

その時期を 為政者たちは

はっきりと言うべきだと思うが

勉強不足なのか 聞いたことはない。
# by country-log | 2015-10-04 15:39 | その他

彼岸

昨日はつくば市北条 の

筑波山の眺めも美しい現場で

屋根絡み施工の打ち合わせでした
c0237313_1511431.jpg

この風景を見るとOさんがこの地を

住居の場所としたのも頷けました。



暑さ寒さも彼岸までと よく言うが

8月後半からの日照不足のせいか

今年は少し違った陽気となったが 

それでも野の植物たちは

惑わされることもなく
c0237313_1515999.jpg

季節にピンポイントで実や花を付ける

写真の彼岸花 家の近くの道端に
c0237313_1533792.jpg

10年くらい前に1箇所 咲き始めたのだが 

今年は7-8箇所で花を咲かせている。

今や里山の天敵となったイノシシに

ヤマユリは絶滅状態だが 

この彼岸花は球根に毒性があるため

食い荒らされることもなく 

毎年正確に時を知らせている。

水田の畦や墓の土手に

この彼岸花を見かけることがあるが

これはこの花の毒性を利用して 

モグラやイノシシなどの動物に

壊されないように 又 

掘り起こされないように植えたらしい。


間近となった彼岸の中日は

昼と夜の長さが同じ日であることを

そうだったよなぁーと思い直すが 

調べたら・・・

仏教で生死の海を渡った悟りの世界は

彼岸で西の方向であり

その反対の生者のいる世界・此岸(シガン)は

東の方向とある 

太陽が真東から上がって真西に沈む

秋分・春分の日は

彼岸と此岸が一番、通じやすくなると考え 

先祖の供養をするようになったそうです。


「また今年 路傍に咲きしも 初彼岸」




  
# by country-log | 2015-09-19 15:11 | その他

東京モノレール


研究学園駅の近くにパーキングし

エクスプレスで東京へ

久しぶりの東京モノレールで

流通センターへ
c0237313_15291993.jpg

トコナメ社の展示会、そして新機種F-105の

お披露目への参加でした
c0237313_15315234.jpg

ノルウェー大使館での懇親会は

急用のため 参加できず 

とんぼ返りでしたが 

東京の過密ぶりを見るたびに

よくもまぁ 作ったもんだと思う 

これだけの コンクリート建造郡

あの津波が ここを襲ったら・・・・?

なぜ、首都機能移転 やらないのだろう?

堺屋太一 ぐらいだったな 

本気で発言していたのは・・・

なんて思ったりして 帰路についたが


昔、青年は荒野をめざす なんて
c0237313_1530628.jpg

五木寛之の著書にあったけど

いつの間にか 蔵書も色あせ

オジさんは田舎をめざす になった。
# by country-log | 2015-09-06 15:40 | その他

後半戦 始動

今年は今までになく 長い夏休みでした

盆の最中から 猛暑も遠ざかり

今日は長袖です。

今週は フラッシング施工2ヶ所
c0237313_15125064.jpg


ペレット用のメガネ石 取り付け

そして桜川市で F-400 設置で
c0237313_15131047.jpg

後半戦が始まりましたが

今年もこれから 年末まで 

目まぐるしくなりそうです

今回のF-400は本体から直接に

壁を貫通させていますが 

これは屋根の軒が深く 高さの関係もあり

オフセットを検討した結果です。

すべての薪ストーブで この煙突プランが

取れる訳ではありません。



 
# by country-log | 2015-08-26 15:24 | 施工事例

奥の細道



少し疲れ気味だったが 初盆も終えたので

以前から思ってた平泉、角館を旅した。

何年経つだろう・・?  タッキーの源義経が

大河ドラマで放映されたのは?

いろいろと多忙な時期だったが 

毎週欠かさずに見た番組だった。

その後 平泉が世界遺産ともなり 

いつかはと思っていた ・・・。


4時間余のドライブで平泉着 

杉木立で日差しも遮られ

少しは涼しい坂道を歩き

金色堂や中尊寺を巡った。
c0237313_15532487.jpg


金色堂を出たすぐの場所には

松尾芭蕉の像があった。 
 
c0237313_15551115.jpg

芭蕉は奥の細道紀行の中

ここで 有名な句を詠んだ。


懸命に生き、逝った義経の

思いや情熱や その盛衰も 

時は流れ 時代は移り

今は 夏草に 覆われ 

何事もなかったように 
c0237313_1556814.jpg

暑い日差しだけが降り注いでいる。


「夏草や 兵どもが 夢の跡」
# by country-log | 2015-08-22 16:15 | その他

精霊流し


さだまさしの曲 「精霊流し」
知っていますか?

昭和49-50 年頃のヒット曲ですから
どうかなと思いますが・・・
今日はこの曲にちなんで・・・

さだまさしは ライブ収録のトークで 
こんなことを語っていました。

最近、DVDカラオケで 
自分の精霊流しを見たんです・・ 
で始まり

灯篭を川に流しているんですょ・・  
違うでしょう・・  そうではないでしょう・・ 
何をやってんの・・・

精霊流しというのはですね
長崎に古くから伝わる 
初盆を迎えた人を送る
精霊船という船を流す行事なんです。

お金をかけて10m以上の船を
作る家もあれば 
一人で脇に抱える程度の
小さい船で運ぶ家もあれば 
それは様々なんですが・・・。

故人を忍ぶ気持ちの深さ、大きさに
差がないことは 言うまでもありません・・・ 
 
船には亡くなった方の位牌、写真など 
生前、好きだった物や、
忍ばれる品々も飾られて
家族・親族、又 縁のある人が 
この船を流す場所まで 
沿道を担いで歩くんです。

爆竹も鳴らされ結構、
賑やかすぎる感じもしますが・・
c0237313_1334889.jpg

そして最後 この精霊船を流す時に 
亡くなった方への思いの区切りを
又 1つ、つけていく。 
そんな行事なんです・・・・・・  
ですから・・・・・・ 

灯篭を流して どうすんの?

そして・・・さだまさしは 最後に

原子爆弾が長崎の上空で炸裂したのは

昭和20年の8月9日のことですが

その翌年の夏には 

この精霊船が流されたのです。

長崎というのはそんな街なのであります。
# by country-log | 2015-08-08 13:34 | その他

富士山


両親の後ろをついて歩くが 

すぐに離されてしまう。

小走りで追いついても 

又 先に行かれる。

そんな記憶があるから 多分、

小学生になるかならないかの頃だろう。

山へと続く坂道になると

それも出来なくなり 

息せき切りながら 登って行くと

水場の所で私を待っていた父は

少し、笑っていた。 

面白いことはないだろうにと・・。

そのときは解らなかったが・・・ 

この年になってくると さすがに 

確信してそれは解る。

小さな体で懸命に付いてきた息子が

微笑ましかったのだろう・・。


綺麗になった山肌の切り株に

腰を降ろし休んでいると

母が自分の名を叫んでいて

「もっと上に 登っていくとー 

 フジサン が見えるよーー」


どのような光景が広がるのか 

想像することも出来ずに

時々振り返っては上を目指した。 

やがて 

目線より上にあった近くの山並みが

だんだんと同じ高さになり

それに連れて 

遮られていた眺望が開けてきた。 

すると南西の地平と空とが合わさる 

遥か彼方。

薄いピンク色に光り輝く 

富士山が見えた。

綺麗だった。

視線を北西に移すと 

益子、真岡市の様子が

冬の光に照らされ 

鮮明に広がっているのも見渡せた。

何て広いんだ !

自分の住んでいる場所は

こんなにも広い世界と

繋がっているんだ。

この時の衝撃とも言える感動は

その後、今になるまで体感していない。


今日、8月1日 

初盆を迎える家では

真岡市・高田山専修寺へ出向き

線香を求める習わしがあって 
c0237313_12584720.jpg

高田市と呼ばれるほど出店も多く 

一見、賑わいの夜なのだが 

・・・・・

あの冬の朝、高みを目指すようにと 

教えてくれた母への

線香を求める夜が来る。
# by country-log | 2015-08-01 13:04 | その他

送電線



久々の更新となってしまいました。

雨天続きで、施工予定に

支障もあったが 

いきなりの猛暑

その中、お宮参りに同行したり 
c0237313_13315889.jpg

ずーと残置したままの杉材を

移動したりと 
c0237313_13324981.jpg

ナツノ・アツサニモ・マケズ・・・です 

この杉材ですが ペレットの原料として

搬出されますが 直径10cm以下は 

積み残しされますので 

もし 杉材でも良かったら

カントリーログで薪ストーブを

設置した方に差し上げます。


写真の 山の頂きを連ねて

鉄塔が見えますが これ・・・

福島第一原発での電気を

東京方面へと送るものです。 

72年の完成らしく 40年以上も

この鉄塔を見ていたことになる。


わざわざ 管外の福島から首都圏へと

送電せずとも、安全施設というなら 

東京湾の埋立地にでも 

作れば良いものを・・・。


里山資本主義という本を

以前 紹介したことがあるが

今回は これを 
c0237313_13391756.jpg

農地でソーラー発電を行うものだ。

里山の風景に馴染むかという点は

気がかりだが・・・
# by country-log | 2015-07-14 13:42 | その他