薪ストーブ屋の活動記録


by country-log
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

常陸太田市 現場確認


リフォームを開始されようとするN様邸へ

屋根がらみ施工の打ち合わせです。

半年くらいかけてのリフォームで

薪ストーブ設置は年末の予定です。

早いもので 明日で今年も半分が

終わったことになる。


つくば店からの帰り道

紫峰・筑波山はこの時期ならではの

眺めとなっている
 
c0237313_13385752.jpg

c0237313_13391632.jpg

by country-log | 2014-06-29 13:36 | その他

日立市・現況確認 


日立市・M様の現況確認です。

煙突の貫通位置の打ち合わせでした。 
c0237313_17313783.jpg

M様の設置予定の薪ストーブは

モダンラインを希望で

最終的にF-163になりました。
by country-log | 2014-06-28 17:34 | その他

薪ストーブライフ


薪ストーブライフNo21が発売されました
c0237313_1238287.jpg

当社施工の土浦市・A様邸の

様子が掲載されています。 

又今回は煙突に関することが

特集で取り上げられています。

是非、一読ください。


この写真は昨日のS様邸の近く
c0237313_12422098.jpg

坂東市郊外で建設中の圏央道で

筑波山が遠くに見えます。

来年度末までには全線開通の予定で

これで首都高の渋滞から解放され

スムーズな移動が可能になる。


完成したら 八王子JCから中央道で

まず、八ヶ岳・赤岳でもと思っている。


こちらは山形出張の帰り道 

蔵王での1枚で・・ 

不規則睡眠のあなたへ 

残雪の冷風を お届けです
c0237313_12445242.jpg



 
by country-log | 2014-06-27 12:52 | お知らせ

坂東市 ハースストーン


坂東市・S様邸 設置完了です

S様が選んだ薪ストーブは

ハースストーン・ヘリティジでした。
c0237313_17354655.jpg

クリーニングを控えているため

使用説明までの間、ご覧の養生です。

この薪ストーブはアメリカ・バーモント州で

製造されている。

熱に強く、蓄熱性が高い

ハースストーンという自然石を

使って本体を組み立てている。


週明けは 山形へ出張でした

宮城店のF氏も現地合流し、

5名での研修旅行でしたが

最新鋭の Amadaや Funac製の

1機 1億円もの工作機械と 

整然と配置された製造ラインに

これぞ Made in Japan という感じでした。
c0237313_17415137.jpg


研修も終えてホテルへ向かう途中

さくらんぼ狩りへ案内をして頂きました。
c0237313_17424273.jpg

佐藤錦という品種で

沢山の美を付ける枝振りを見て

苗木を植えてから 何年位で実をつけるか

質問をしたら 5-6年とのことで ・・

杏の花が咲きそろう スペースに

サクランボの花も良いな・・・



ところでブラジル杯の結果だが 

ベスト8への道は簡単ではないことを

思い知らされた訳で・・・

結果報道は戦前とうって変わり

厳しいものになってしまっている。

W杯に関する話題は始まると

終わらないので・・ 

日本サッカーの父と言われるドイツの

デッドマール・クラマーというコーチが

残した名言を紹介しよう。


(試合終了の笛は、 次の試合開始の笛でもある)


次は ロシアか・・・

それまで・・ 長友体幹トレ 

続けるかっ・・
by country-log | 2014-06-26 17:57 | 施工事例

書かずにいられないW杯


今年初めにコートジボワールの

ドログバのことを書いたが

やはり いい仕事をされてしまった
c0237313_15314510.jpg

両手の人差し指を立て 

空を見上げて 登場されると 

教祖 ついに 現るみたいで

いやーな 感じがして 

(何か 入れられるよ ここから) と

根拠もなく呟いたら 

本当に入ってしまって

続けざまに2点目を見たときに 

ドイツW杯オーストラリア戦の

再現かと思った 



予選の最終戦だがコロンビアは 

すでに1抜けして決めているから

日本戦は恐らく控え組のチームだろう?

1点差で勝てるかもという望みはあるが・・

いずれにしてもギリシァの結果いかんで

2点差以内のギリシァ勝利の場合に

決勝トーナメントに行ける。


まぁ考えようで 3戦目まで興味を持って

見られるだけマシだと思うしかない。

実況の解説をしていた元代表監督・岡田が

加茂監督の更迭のあとを引き受け

最終予選 ヒデのシュートを

キーパーがこぼし

3度目の決定的チャンスを

けり込んで決めた野人・岡野に

岡田が首投げでもする勢いで

抱きついたジョホールバルの歓喜・・
c0237313_1532412.jpg


16才の時から単身ブラジルに

渡ってW杯への道を歩んできたカズを

大会前の合宿地で

ベンチ外とした岡田の攪乱

あのフランス大会の頃よりは 

今のチーム力は間違いなく上がった。

ギリシァ戦を再放送で 

もう一度 冷静に 見たが

先取点を取っていれば 吉田への

パワープレーを続けるという

ザックのおかしな戦い方は

ないだろうから 大久保と内田の

どちらかが 点になっていて 

1:0 勝利だったら どうだろう・?

全体的な 評価は恐らく

よく勝ったということになるのだと思う

要は 日本の場合 少ないチャンスを

点に出来るか否かで 

いや どこのチームでも 負ければ

決定力不足と 批判されるものだ。



話は角度を変えてみるが・・

ペレやベッケンバウァーの頃から

W杯を見ていて 思うのだが

試合前の国歌斉唱の時に

イレブンの居並ぶ顔を見ると

昔はドイツ イタリア フランス オランダ

イングランド スペイン ロシアと

それぞれの民族の顔が並んでいたが

今、植民地を持った歴史のある国は

その民族との混成チームになっている
c0237313_15332888.jpg

まぁ アメリカは国の成り立ちからして

当然だが ヨーロッパの主要な

代表チームで そんな流れになっている。

W杯が ずーーと続いて行って

やがて 日本代表にも移民や 

駅伝の山梨学院大学方式とかで

そのような代表チームへの

流れとなっていくだろうか ?(笑) 


ドログバまで行かなくても 

あれくらいの選手が

5-6人いる日本代表 

見たいような 

見たくないような・・(笑)


まぁ 自分の場合 4年に1度の

代表の戦いぶりを心配するよりも 

筋肉が戻らない下半身と

細くならない腹回りを気にして

c0237313_15342876.jpg

この本で 少し鍛えてみるか。
by country-log | 2014-06-21 15:44 | その他

常陸太田市 コンコード


常陸太田市・I様邸 設置完了です

I様が選ばれたストーブは

マジェスティック・コンコードでした
c0237313_12473044.jpg

一見、バーモントキャスティングの

アンコールと思えるほど 

外観は似ていますが 燃焼方式は

こちらはクリーンバーン燃焼です

どちらもアメリカ・バーモント州の同じ

工場で生産されたストーブですから

車で言えば 姉妹車 ですね
by country-log | 2014-06-21 12:50 | 施工事例

美浦村 & つくば市


美浦村・M様邸で10年ほど

使用されてきたストーブと煙突の

撤去作業でした 
c0237313_14421250.jpg

ストーブを取り外した後には

ペレットストーブを設置の予定です

c0237313_14425536.jpg



こちらは つくば市のT様邸での

瓦屋根を貫通しての煙突設置で

雨が心配された天候でしたが
c0237313_1446289.jpg

瓦屋さんの組み付け作業まで

順調に進みました。 
by country-log | 2014-06-18 14:34 | 施工事例

メンテナンス考


薪ストーブのメンテナンスと言えば

煙突メンテナンスをまず 想像するが

安全に簡易な作業で済む場合は

お客様自身で行うことも

少なくないとは思うが

2階建で 急勾配の屋根の場合は 

私共、専門店に依頼される場合が

圧倒的に多くなってくる。


薪ストーブ全般に共通して必要な 

耐火ロープの交換や 極めてまれに起こる

割れてしまった耐火ガラスの交換、

又 炉内に組み込まれているプレート

耐火煉瓦、鋳物製の保護板などの交換や

ストーブのタイプによって必用な

セラミックボックス、触媒などの交換など

ここまでは お客様でも交換は可能だ。


しかし 適正でない燃やし方が原因で

組み込まれている鋳物製の一部が

変形してしまった場合等 その交換には

構造上、すべてのパネルの分解が

必要となることが 殆んどだから

メンテナンスの種類としては一番

時間もかかり、作業密度も濃いものとなる。
c0237313_15324165.jpg

お客様の自宅から 一度、引き揚げて 

オーバーホールをした後で 再び 

搬入、設置という運びになる。


このように 薪ストーブメンテナンスは 

いろいろなレベルのものがあり

長年に渡ってストーブの設置を

続けてくると このようなハードな

ケースも 件数は稀でも

施工台数に比例して 

増えてくるわけだから

遠隔地にまで出かけて、設置したり 

メンテナンスに応じて行くことは 

やがて ボディブローのように

効いてきて フットワークが

悪くなってしまうのは必定だ。

メンテナンスということが

一般の製造物よりも

強く付随してくる薪ストーブは 

自然な流れとしては

地域に密着、深化して行くのものだろう

Google Mapを見る時のように

地球的俯瞰と臨場感を

併せ持って、歩いて行きたいと思う。
by country-log | 2014-06-13 15:23 | メンテナンス

鹿島市・現場確認


鹿島市・T様邸の現況確認です
c0237313_1731846.jpg

既存の屋根を貫通の予定で 

希望の設置予定場所を前提に

垂木、モヤ、梁などの位置を確かめたが 

すべて障害とはならず

真っ直ぐな煙突プランニングで

施工出来るのを確認できた。


国道51号からの帰り道は 

夏見海岸から大洗港へかけての

眺めの良いルートがあるのだが  

今日は 海霧が低く垂れ込め、

何も見えない。

大洗IC近くで新築中のS様邸の

ストーブ設置の時期も気になり

進捗の確認に立ち寄る。
c0237313_174232.jpg



明朝からはいよいよW杯の開幕だ。

15日の初戦は 9:00キックオフ

すみません・・・
c0237313_21351269.jpg

この日の営業開始は

12:00頃となりそうです 
by country-log | 2014-06-12 17:19 | その他

梅雨の合間に


梅雨の合間に石岡市・I様邸で

フラッシングの施工です
c0237313_2129406.jpg

I様邸への今回のストーブ設置は 

2度目の施工で 今回は敷地内の別棟に

F-500 アイボリーの設置予定です


昨日は 牛久市・O様邸の新築住宅へ

屋根フラッシングの施工でした。

雨にやられながらも 何とか

区切りの良い所まで進めたようです。


さていよいよ ブラジルW杯だが

その盛り上がりが 今までよりも

今ひとつかな・? と思っていたら 

レプリカ・ユニフォームの売り上げが

前大会よりも上回っているらしい。


NHK/BSでは、初参加のフランス大会から

前回の南アフリカ杯までを 

連夜、放送しているし

テストマッチのザンビア戦の 

大久保が決めた完璧なシュートを見たら

俄然、スタンバイの状態になってきた。
by country-log | 2014-06-10 21:35 | その他