薪ストーブ屋の活動記録


by country-log
カレンダー

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

木材利用ポイント


c0237313_1335183.jpg

木材利用ポイントのお知らせです。

薪ストーブ、ペレットストーブの購入に

木材利用ポイントが発行されることになりました。

期間・・H25.7.1 ~ H26.3.31

ポイント発行額・・薪ストーブ・ペレットストーブ定価の10%

詳しくは下記のリンク先ページでご確認ください。

http://mokuzai-points.jp/index.html
by country-log | 2013-06-30 13:05 | お知らせ

水戸市・O様邸 上棟



水戸市O様邸は今日が上棟で

屋根がらみの打ち合わせに出向いた。

軸組み工法も今は、ほとんどプレカットだから

朝からの建て方開始で 昼にはこの状態まで進む

1日で野地板施工まで進むのだから
c0237313_15105162.jpg

早い! 

秋にはF-500が設置予定だ。


私事ですが 数日前、同窓会の知らせが届いた

それは高校ので、はじめて開催した前回から

20年が経っていて (もう、そんなかよ・・) という感じだ

お盆過ぎの昼間だから 

暑さとビールで顔を赤くしながら、

遠い記憶の断片を手繰り寄せ 

そうだよ!   多分、そうだと思うよ・・。

そうだったけどなーー・・・・? 。


頭の中の海馬 スペイン代表のように

その日は機能するか・・・・な?
by country-log | 2013-06-29 15:28 | 施工事例

梅雨の晴れ間に 小山市


天気予報が良い方に外れて

小山市・H様邸の煙突施工

予定通り 完了しました。

ストーブの搬入は来月です。

オーナーはパリ、ミラノのコレクションなど

ヨーロッパへの出張が 年に7-8回以上と

欧州デザインを長い間 見て来ているので 

ご覧の建物・外壁への煙突施工となった

c0237313_16181534.jpg


太陽光パネルは屋上に設置されていて

それを外観から見ることは出来ない
c0237313_1631474.jpg


薪ストーブの煙突は ドォーーンと立ち上げて

見えないところにも エコ を・・・

やっぱり オシャレ  だな
by country-log | 2013-06-28 16:20 | 施工事例

男体山


月曜日からいよいよ天候は梅雨本番で

今週から来週にかけて小山市を皮切りに

5箇所の現場があるが・・・・・・。

そして、そんなスケジュールと天候の間を縫って

日光男体山の日帰り登山を目論んでいる。
c0237313_1621594.jpg

近場の観光地だから 今までに10数回は

行っているが、いつも眺め上げている男体山

今度はそこから中禅寺湖を見下したい。
by country-log | 2013-06-26 16:17 | その他

古民家再生


曳家(ヒキヤ)という職業がある 

馴染みが薄いが 建物をそのままの状態で

離れた場所に移動したり 同じ敷地内で 

回転させたりする。 

今回の写真のように一度持ち上げて 

鉄骨などで固定し、移動のためのレールを作り

それらの間に コロ(丸い鉄棒)を差し込んで

動かすのだ  北関東高速道 建設の時に

ルート上に家があったため この方法で 

200mくらい離れた場所に

移動させているのを 見たことがある。  

今回は 曳家 ではなく  

基礎と土台を新しくするためだが
c0237313_15453572.jpg

このしかけを見ても分かるように

容易に引き受けられる仕事ではない

 
by country-log | 2013-06-22 16:04 | その他
シュートが決まった2点目は 

久しぶりに ヨーーーし と声が出た  が

家を出るときには2:3 車の移動中に追いついて

終わってみたら3:4 イタリア勝利 

うーーん 勝ちきるのは難しい・・ 

このスコア 確か・・・

あの時の・・・と思って調べたら やはりそうだった

1970 ワールドカップメキシコ大会 準決勝

イタリア: 西ドイツ 延長の末イタリアが

4点目を決めて勝利し ブラジルとの決勝へ進むのだが

この時の疲労が残っていて 決勝はブラジルに完敗してしまうのだ

この時のブラジルには あのペレがいた。

準決勝で負けた西ドイツにはベッケンバウアー 

得点王のゲルト・ミュラーなどがいた 

この頃 日本でのワールドカップは 一部のサッカーファンが

見ていた程度で TV衛星中継も準決勝からだったと記憶する



今日、日本が勝利していたら 今夜 じっくりと再放送をと

思っていたが・・・

あそこでなァーと言いながらのビールになってしまった ?

マァー イタリアには43年前の轍を

踏まないように、してもらいたい

日本も イタリアから3点取ったのだから

残るメキシコ 引き分け以上やってもらいたい 

そうすれば マァー 出場国として恰好がつく


つくば店からも ブログ始めました

こちらは 細かく、深く 薪ストーブを語ります。 

覗いてください 

http://tsukuba21.exblog.jp/19661803/



 
 

 
by country-log | 2013-06-20 18:32 | Old days

香取市&下妻市


梅雨 まっただ中の季節だが 

意外と予定通り 施工は進んでいる

月曜日は香取市S様邸の屋根がらみを施工し
c0237313_22191185.jpg

今日は下妻市・T様邸のストーブを設置した
c0237313_22354388.jpg

建物建築のからみで少し早い納入となった


香取市にちなんで 又 余談だが・・・・

井上ひさしの小説に 

4千万歩の男というものがある。
 
発刊されてまもなく読んだが 

それは伊能忠敬のことを書いたものだ

初めて正確な日本地図を作成した彼は

4千万歩もの歩みを重ねて、

実測しそれを作り上げたのだ
 
多少フィクションも織り交ぜながらも 

大筋は 彼の測量作業の日々を

紹介したものである。


私が感銘を受けたのは

彼がその事業を始めた年齢である
 
江戸時代において50歳を過ぎた彼の年齢は

今では60歳くらいに

相当するのではないだろうか

従来より好きであった天文学と算術

そしてまだ見ぬ土地への好奇心が


彼を蝦夷地まで駆り立てたのだろうか・・・・

彼は為すべきことを仕上げたのちに

この大測量を始めている。

酒屋を営む家に養子として入り

あまり順調でなかったその家業を

長年のひたむきな努力で立て直し

自分がいなくても十分にやっていけると思ったとき

すっぱりと家業を後継にゆずり 

大測量の旅にでるのである。

そんな伊能忠敬が懸命に働いた場所は

現在の香取市(佐原市)で

街には彼の偉業を讃える記念館がある。

江戸の町並みを史跡として残す佐原市は

陸上交通が発達してくる近代まで、

利根川水系を利用した水上交通の要衝で

大変な賑わいの町であったようだ
by country-log | 2013-06-19 22:19 | 施工事例

国道294号

国道294号は柏市から福島・会津若松までも

伸びていて 途中 烏山、小川、馬頭、

黒羽、湯津上という町がある

今は町村合併で 那須烏山市、那珂川町などと

名称変更となっている。 

烏山、黒羽は松尾芭蕉・奥の細道のルートで

黒羽には2週間も芭蕉は逗留し、いくつか句を残している。


先日、294号を北上し、馬頭町・H様邸の 

煙突交換工事に出向いた。

建物は丸太を利用した見事なポスト&ビーム

吹き抜けに足場をセットし 無塗装部分を

黒塗装し シングル煙突部分のほとんどを

二重断熱煙突に交換した。
c0237313_1531482.jpg

設置施工は当社ではないのだが 

薪ストーブ本体の修理を昨年依頼されたことで

今回は煙突部分の施工をお願いされた。


夏山に 足駄を拝む 首途哉 (芭蕉)
    アシダヲオガム カドデカナ
 


  
by country-log | 2013-06-16 15:06 | 施工事例

上三川町 SCAN


栃木県・上三川町T様邸に

SCAN CI-8GL 完了です。

ガラス面が大きく炎が美しいタイプで

SCAN製品の中でよく設置されている製品だ
c0237313_11513275.jpg

背面が可燃壁でも20cmまでの隔離で良く

出来るだけ部屋を有効利用したいときに

納まりの良い製品である 

炉台、炉壁は当社の施工で

ALC下地の大谷石張り施工だ



今日はもう1か所 設置予定があり 

午後から つくばみらい市・S様邸の設置へ

こちらも煙突部材だけは施工済みなので

予定通り F-3 設置完了となった
c0237313_11562745.jpg


どちらも使用説明は後日にして頂いた
by country-log | 2013-06-15 12:09 | 施工事例

TRIPP TRAPP


今日はノルウェーのストッケ社の製品

TRIPP TRAPPの紹介です。
c0237313_1411652.gif

薪ストーブ ヨツールの輸入元である

トコナメエプコス社で取扱いをしており 

今回 つくば店、桜川店に展示いたしました

下記はストッケ社のメッセージです

Scandinavian thinking.
ストッケは常にお子さまを第一に考えております。
ストッケ製品は、特に人生でいちばん大切な乳幼児期に
お子さまの発達を促し親子の絆を深めるように
デザインされつくられています。
お子さまが何よりも望むのは「お母さまやお父さまに
できる限り近く、心から安らげる環境で
自由に学び成長していくこと」だと考えています。
ストッケの製品は革新的で耐久性に優れ、
お子さまといっしょに成長するよう デザインされています。
親子はともに成長します。食べたり、眠ったり、遊んだり、
学んだり、街をお散歩したり。
そんな親子の日常生活のあらゆことを
お手伝いしたいと考えています。
いつも近くに、いつもいっしょに、いつも成長し、
そして、いつもストッケとともに。


つくば店での展示商品
c0237313_1412396.jpg


子供さんの成長に合わせて 座板と足のせ板を調整でき

長い年数に渡って使って行くことが出来る

合理的な商品です。

カラーも13種類と豊富で部屋の雰囲気に

マッチングした製品を 選ぶことができます。 

標準価格 ¥26,600-
by country-log | 2013-06-14 14:20 | お知らせ