薪ストーブ屋の活動記録


by country-log
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アンパンマン



小学生の頃だったか・・手作りの遊具で遊んだ
c0237313_14102480.jpg

名前は 「てやてや」 と言ったが 

なぜ、そうなのかは 不明だ。

誰もが持っていたわけではなく 

2-3人で1台という感じで

3台くらいを 縄のロープを引いて

里山の中に運び込み、50-60mくらいの

坂道を走らせて遊んだ 

結構なスピードになるから 

棒きれのブレーキも付けてあるが

途中で折れたりすると 

スピードの制御が効かなくなり

カーブの所では 見事にブッシュの中へと

転げ落ちたりもした。

このクラッシュが最高の見せ場で 

又一番 笑える時で 

転げ落ちた本人も尻なんかをさすりながら 

泣き笑いの顔で 生還したりした。 

メカニックを紹介すると 

車軸は堅木のカシで 

適度な二股の枝をよく探したりした。

車輪には マツを使用している。

なぜか本当のところは不明だが

多分、松の油脂が乾燥のひび割れに

効果的からかと思う

週末ごとによく遊んだが

その間は 小川に車輪を浸して割れを防いだ

車輪と軸のところには 

グリースとかタールを付けて 

滑りをよくしてもいた。 車体には

みな思い思いの名前を書き込んでいて

少年ジェットとか 鉄人28号なんて付けたりした。
 

大体、見当はついていると思うけど

乗り方はというと 

一人が杉板の座席に座り 縄を手にし

両足は 縄の付け根あたりに載せて 

方向をコントロールする。

もうひとりは ボブスレーのように 

走り出す時に 座っている相棒の肩あたりを掴んで 

勢いをつけ スピードが着いてきたら

車軸に両足を載せ 二人一体となり 

バランスを取りながら 走り降りた。

1日に何回も何回も駆け下りるから

その都度 子供たちの嬌声や

叫び声は里山にこだました。

まだその中に入れない幼い子供たちも 

いつか自分もと 思っていた筈で・・・・・


今年は 年末始休暇を利用して 

この 「てやてや」 を作る予定です。

息子達には作ってあげられなかったけど

その息子に作ることになった 今は・・・ 


車体名は アンパンマン かな?  
by country-log | 2015-12-17 14:13 | Old days

一本杉



例年より2週間ほど遅く、

付近の山々は紅葉の見頃となった。
 
そろそろ薪用の原木の伐採に適した

時期となるが 今日は自宅前の

山林に切り残してあった 杉を倒した。
c0237313_1834672.jpg

眺めはよくなったが、長い間
c0237313_181483.jpg

その場所に立っていた杉の木が

無くなってしまうと (枯れ木も山の・・)

ことわざのように寂しさも

感じるものだ。

すぐ脇には 赤い実が成っていて
c0237313_180428.jpg

渋くて とても呑み込めたものでは

ないのだが 子供の頃 こんなものまで

口にしていたのだから・・・

とにかく体に悪いと言わなければ

野山の色々なものを 口にしていた。

そんな私の少年時代のお話は・・

次回からシリーズで始めるとして

さぁー 今日は・・・・

早めに風呂に 入ろっ!
by country-log | 2015-12-07 18:08 | その他

防鳥アミ


4-6月頃に煙突トップから

鳥が入ってしまうという現象

アミを取り付ければ それは防げるが・・

乾燥が万全でない薪を燃やすことは

多いにあるから アミの目詰まりが

想定外の速さで起き

逆流などのトラブルが発生する

簡単にトップの清掃が

自分でできれば良いが

急勾配など 不可の場合は 

お客様からの連絡を受け

弊社の出番になる。


アミを付けるべきか 付けざるべきか 

それが問題なんだけど

メンテナンスも終盤の昨日

撮られた口元の写真を見ると・・・
c0237313_7243952.jpg

これから提示の見積もりは

全部、アミ付きにしよう。
by country-log | 2015-12-03 07:29 | メンテナンス