薪ストーブ屋の活動記録


by country-log
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


山登りの写真撮影は

危ないところ、きつい時間帯は 

なかなかシャッターが押せず・・

余裕の時間帯の写真が多くなる。

私のブログ更新も 今、 そんな感じ・・。


水戸市・O様邸 設置完了しました。
c0237313_16372056.jpg

F-500は左側のドアが開閉するので

左側に薪のストックやアクセサリの

十分なスペースを設けました。 

炉壁はこだわりのエイジングレンガです 

週末に使用説明の予定です



そしてこちらは 矩勾配のフラッシング施工
c0237313_1639927.jpg


笠間市・Y様邸は吹き抜け部の

煙突施工とストーブ設置が完了し

その夜 Y様の帰宅を待っての

試し焚きで オーロラ燃焼を

見ながらの説明となりました

c0237313_164078.jpg



こちらは昨年設置した笠間市・I様邸
c0237313_16414898.jpg


丁寧な使用を思わせる状態で

メンテナンスもスムーズに終了しました


東海村・S様邸の既存建物への

設置工事を控えて 現況確認の帰り

ひたちなか市・F様邸の進捗を確認
c0237313_1651075.jpg

年内までの設置件数は・・・?

両手の指でも足りない !
 

海馬が少し 熱を帯びてきた
by country-log | 2013-11-28 16:59 | 施工事例

昨日は牛久市のE様邸に

ペレットストーブ(テルモロッシ)の

設置を完了し 使用説明とテスト燃焼です。
c0237313_18534448.jpg


ペレットストーブは最初の着火時に

プログラム制御の関係でエラーとなり

2度目から正常燃焼となることが多いが

今回は1発でOKでした。


今日は二手に別れ

水戸市のS様邸と千葉・O様邸の

煙突施工でした。
c0237313_1855561.jpg



移動中の車から見る

山々の景色は、まさに晩秋というところで

父が逝って8回目の秋の日も

あの日と同じように

抜けるような青い空になった
by country-log | 2013-11-22 18:58 | 施工事例

常陸大宮市 炉台下地


先週は筑西市で 屋根のコア抜きをしての

煙突施工があり 昼から雨予想のとおり

悪天になりつつある中 本降りの前に

何とか 完了出来た。
c0237313_22385626.jpg

普通なら 延期しての施工なのだが

年末までのスケジュールを思うと

少し無理をせざるを得ない。

コア抜き屋さんにも無理をしてもらった


千葉のログハウスの現場も

いよいよ煙突施工の段階となり
c0237313_2240167.jpg



常陸大宮市・S様邸では

来週のストーブ設置に

合わせて炉台の施工

c0237313_22415053.jpg


例年より少し遅れめの平地の紅葉も

この時節となると 各所で

色づいた景観を 見せてくれる
c0237313_2246076.jpg

あと1カ月もすると 今年もいよいよ・・・

1年が早い・・ 
by country-log | 2013-11-19 22:35 | 施工事例

文藝春秋


週末は今までに設置済みのお客様への

使用説明の日が続く

写真は水戸市・K様邸
c0237313_2144205.jpg
  

そして年末に向けて 

リフォームや新築の

現況確認も増えてくる

益子町・T様邸は古民家リフォーム
c0237313_21452142.jpg
 

守谷市・F様邸は2X4の新築だ
c0237313_2146973.jpg


筑西市・H様邸 既存住宅に設置
c0237313_21464929.jpg


つくば市・S様邸では

入居まもない新築住宅へ設置
c0237313_21474416.jpg




余談だが

月刊誌・文藝春秋は昔からずーと

読み続けている雑誌で

そのタイトルを眺めると 

発売された時代の様子が

透けて見える。


今月号では 元首相・小泉純一郎の

日本は原発ゼロを目指すべきだとの

インタビュー記事が掲載されていて 

10日ほど前だろうか

テレビでも講演会の様子を放映していた。

相変わらず 説得力のある演説で 


下記 講演要旨です。


汚染水処理をしている作業員が

身に着けているあの白い防護服 

1日3000着だそうで 

そして1回使うと 使い捨て

その防護服は焼くこともできず 

処分先もないから 毎日 毎日

敷地内に保管され積みあげられていく。

その点だけでも 

原発はコストが安いなどととても言えない。 

そして使用済み核燃料の

保管受け入れ先が

1つも決まっていないという現状

50万年先になって

やっと無害になるというものを

保管する施設など どこの自治体でも

受け入れてくれる訳がなく

そのような状況で原発を動かし続けるのは

無責任だと熱弁が続く。


今、政治が原発ゼロの方針を示し

それに代わる自然エネルギーなどへの

大転換を図るべきだと・・・ 


それは世界から注目もされ 

日本を手本として

それに続く国家も出てくるだろうし

国家の繁栄に通じる道だと・・・・


全く同感だ。

まだその方向に舵は切られていないが

おそらく日本は

その方向に進んでいくと思う。
by country-log | 2013-11-14 22:08 | 施工事例

またまた数日の・・・


またまた数日の活動を

まとめてアップです

水戸市・O様邸 炉台の打合せ
c0237313_13295289.jpg


つくば市・M様邸 使用説明
c0237313_13303536.jpg


小山市・H様邸 使用説明
c0237313_13312226.jpg


かすみがうら市・T様邸 使用説明
c0237313_1332252.jpg
 


日立市・煙突施工
c0237313_1334952.jpg


同じく日立市・N様邸の現況確認
c0237313_1338664.jpg


昨日は宇都宮市・T様邸に

SCAN-10GLを設置
c0237313_14135162.jpg


週末から来週にかけてのストーブが入荷
c0237313_13411718.jpg


いよいよ年末まで

修羅場のスケジュールがつづく・・
by country-log | 2013-11-07 13:33 | 施工事例

ドームハウス


以前、ハンドメイドハウスに

興味を持ち始めたころ

幾つかの本を購入したが

その中の1つに藤門弘 著の本がある。

著者は当時からアリスファームという農場を

北海道に開いていて 

家具作りなどの本も出版し

テレビや雑誌などでも紹介され

著名な田舎暮らし発信人というところだった。

 現在のアリスファームは下記で・・
http://www.arisfarm.com/aris_now.html

c0237313_18193234.jpg

この本には 2x4工法、 ログハウス、

在来工法、ブロック積み そして

ドームハウスなどの紹介があって

私はやがて本格的なログハウス作りを

始めていくことになった。



昨日は、その中のドームハウスに入居して

S-43を使っている土浦市・U様邸の

メンテナンスにお邪魔した。
c0237313_18202839.jpg


存在感のある家だから、遠くからでも

強く目をひく建物で 

ランドマークハウスになっている。
by country-log | 2013-11-01 18:26 | メンテナンス