薪ストーブ屋の活動記録


by country-log
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

先月、カナダ出発前日に角トップを取り付けた
常陸太田市・T様邸の使用説明に出かけた。
今日はハウスメーカーのT・woodさんからの引き渡しの日だ。

c0237313_16191320.jpg


ストーブは広くとられた玄関土間に設置されており
薪の運びこみや、ストーブ周りの清掃の
しやすさなどに適したプランだ。

薪ストーブはエンライト・ミディアムで
煙突は2階の床、天井を貫通して屋根へと
ストレートに伸びている。

c0237313_16195367.jpg

 
by country-log | 2012-05-31 11:11

石岡市・古民家再生

年初から施工が進められていた石岡市(旧八郷町)・S様の
古民家再生の建物もいよいよ煙突施工の段階となり
来週には瓦施工と同時に煙突を立ち上げる予定となった。

c0237313_1642029.jpg


八郷町から20分ほどの笠間市の現場に向かって
少し前に施工完了した外観を確認。
こちらは7月初めにストーブ設置となる。

c0237313_1651853.jpg

by country-log | 2012-05-30 15:02
昨日に引き続き、今日は下妻市のメンテナンスで
内容は部分的に穴の開いてしまった角トップの交換と
セネカのコンバスター&ガスケットの交換だ。

角トップは当然ステンレス製だがステンレスでもさびる。
貰い錆びというものがあり 海岸近くではそれが顕著で
たとえば身近な例では、ステンレスの浴槽に金属製のピンなどを
置いて時間が経つと 錆が付いてしまう現象だ。

建物は築15年のハンドカットログハウスで当時、専門誌にも取り上げられた建物だ。
オーナーであるS様はログハウスへのメンテナンスを
こまめに丁寧に行っていて、築15年とは思えないほどきれいに保たれていた。
何でもメンテナンスが大切であることを、ログの外観が教えている。

設置されている角トップの内部仕様は現在、使用されているものとは
違うものなので 加工が必要となり、後日の取り付けとなった。

c0237313_17112650.jpg


薪ストーブのセネカもログハウスと同じように、15年使用とは思えない状況で
丁寧に使われていたことが想像できる。


c0237313_17125357.jpg

by country-log | 2012-05-29 17:30
5月末ともなると、薪ストーブ・メンテナンスのシーズンとなる。
薪ストーブの使用開始前には依頼が、ぐっと増えるので、今まで受付していた方の
メンテナンスを今から開始しないと、秋口に2組に分かれて対応しても、
回りきれなくなる恐れがある。
今日は使用暦、約10年のイントレピッドⅡのメンテに、1人が出向き 
もう1人はハスクバーナ・チェーンソーの修理、
又1人は薪割り機のメンテとメンテナンスの1日となった。

どのようなものでも使用していけば経年劣化は起きる。 
薪ストーブ屋の存在意義の1つにはこのメンテナンスへの対応がある。

そして今回のイントレピッドⅡは  
コンバスター、二次燃焼ASS、スロートフード、ガスケットの全交換と作業内容は多い。
現場は筑波山の北西部の山麓にある閑静な別荘地だ。

写真のようにコンバスターの変形、ボックスの破損、スロートの変形が起きている。
今回のケースは 当社設置の薪ストーブでなく 地元の建築関係の方が
設置したとのことで メンテナンスは基本的に自社施工以外は
お引き受けしないのだが 設置した業者では対応が出来ないと
断られてしまったといういきさつがあった。今回のメンテナンスで問題なく
長期に渡って使用できる状況となった。

c0237313_143280.jpgc0237313_1433595.jpg 
c0237313_14154792.jpg


c0237313_145868.jpg
 
  


  
by country-log | 2012-05-28 13:13
  
つくば市花室のY様邸・新築住宅に
ラベリRisa-Plus (伊製)の設置が完了です。

排気と吸気管を室内で立ち上げてから
壁貫通の方法もあるが、見た目には今回のように
ストーブ背面で貫通したほうがずっと良く
コーナー設置の場合は特にそうだ。

ラベリには安定した燃焼をするための適度な給気を
自動的に補正するシステムが採用されているのが特徴だ。

(基本性能)
・暖房能力・・・2.8--7.7KW 
・燃焼効率・・・89.5%
・ペレット消費量・・・0.5-1.6Kg/h
・タンク容量・・・15Kg   
・重量・・・・90Kg
c0237313_11371316.jpg




  
by country-log | 2012-05-25 15:20

2F ベランダ搬入


今日は守谷市の既存住宅に薪ストーブの設置だ。
2Fで使用するため、2Fベランダから搬入することにした。
というより、ここしか無い。
1400mmほどの上下開口部を利用しての搬入だ。

14階建てビルの屋上設置とか、5Fビルの搬入とか
今までに、いろいろ困難な現場をこなしているから、
ユニック車で吊り上げ、2Fへ搬入可能かどうかは
下見のときに見当がつく。 しかし オペは慎重にも、慎重になる。
少しでも振れて建物壁面に触ると、擦りキズ跡が付いてしまうことがあるからだ。
1時間ほどで搬入は終了した

c0237313_1853218.jpg

by country-log | 2012-05-24 19:03

つくば市 屋根上施工


つくば市小野埼、 つくば市柴崎、 つくば市中別府と
屋根上の施工が重なった。
角トップの場合は煙突囲いの外壁が仕上がってからの
取り付けが普通だから、建築の終盤での施工となる。

反して雨仕舞いフラッシングは屋根施工と同時だから
建築工程の早い時期の取り付けとなる。
薪ストーブはそれぞれ6月、 9月、10月頃の設置予定となる。
c0237313_1315432.jpg
c0237313_1316312.jpg
by country-log | 2012-05-22 13:20

バーモントへ


まだ1ヶ月先のことだがUSA・バーモントに行くことになった (6/18-6/23)
2-3年前からお誘いを頂いていたが、日程的に都合がつかず
参加出来ずにいたが、今回はそろそろ私が先行しないと、
後が行きにくいだろうと、行くことにした。

バーモントといえばDutchwestとVermontCastingの工場があることで
業界人なら誰もが知るところだが
今回はそのベセル(組み立て)とランドルフ(鋳物)の工場に行く。
新規就航のボストン直行便 12時間のフライトだ。 

c0237313_19263139.png

c0237313_19275782.jpg

by country-log | 2012-05-18 19:36
ひたちなか市のY様の新築住宅に
アンコールの設置完了。
煙突構成は二階の居室を貫通し
屋根へストレートに立ち上げる形となっている。

ストーブは炉台(大谷石)の右側に寄せてあるが
左側のスペースを薪のストックとして活用するためだ。

c0237313_18433975.jpg

by country-log | 2012-05-15 18:52

水戸市 古民家再生


水戸市・I様の古民家リフォームの進捗も
順調に進み 今日は和瓦を貫通しての煙突設置だ。

屋根貫通の施工の場合、特に雨仕舞いに関しては
しっかりと処理しなければならない。
シーラー、シーリングは念のために二重に施工している。

順調に進めば来月にはF-500が設置の予定だ。

c0237313_19112954.jpg

by country-log | 2012-05-11 16:10